トップページ > 最新の骨造成法

 最新の骨造成法

ピエゾサージェリーは、三次元超音波振動により、 インプラント、歯周外科、歯内療法、外科矯正で行う ボーンサージェリーに新たな可能性をもたらしました。 今までの手術器具では困難だった、軟組織を傷つけず 繊細に硬組織のみを選択的に切削できる外科手術器具です。

そのため、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)において、 上顎洞粘膜をほとんど穿孔せず、 回転器具と比較すると安全に手術することができます。 また、リッジエクスパンションや移植骨ブロック採取において、 外科的侵襲が少なく繊細な処置ができ、術後の骨反応も良好です。 そのほか歯冠長延長術、インプラントや骨性癒着歯の抜去、 歯周外科手術など、その応用はいろいろです。
サイナスリフトとは・・・上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。 この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。 さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、 上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくないのです。 そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材、 最近ではインプラント本体の一部を挿入して、 上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。 これが上顎洞底挙上術です。

ピエゾサージェリー


スタッフ募集

ご意見

当院の治療の特徴

こんな症状はありませんか?

INFOMATION


Copyright (C) 医療法人社団晴咲会 わかば総合歯科 インプラント 虫歯治療 All Rights Reserved.