トップページ > 根管治療(根の治療)とは

 根管治療(根の治療)とは

根管治療とは

まず、根管とは歯根の中の神経が入っている管のことをいいます。
虫歯が歯髄(神経)、まで進行(C3以上)してしまった場合(抜髄)や、 根管内が細菌にもしくは根先に病巣が出来てしまった場合に、この根管治療が必要になります。
根管治療終了後は土台を立ててかぶせ物をかぶせます。

使用する機械・器具

  • エンジンリーマー
  • 歯の根の治療がコンピューターにより正確に行えます。怖い神経の治療もこれで安心ですね。また、多くの場合、大幅に治療回数を減らすことができます。

  • リーマー・ファイル

治療の流れ

神経がある場合

  • 抜随
  • むし歯により歯髄(歯の中の神経や血管などの組織)が炎症を起こしている場合、麻酔をして歯髄を除去します。場合によっては、薬を塗って歯髄の炎症を鎮めてから抜髄することもあります。
       
      @リーマー、ファイルなどを使って歯髄を取り除きながら根管を拡大し、清掃を行う。
     
      A根管の中に薬を入れた状態(根管貼薬)で仮封する。この処置は根管内が無菌状態になるまで、数回行います。

神経がない場合

  • 感染根管治療
  • むし歯などによって歯髄(歯の中の神経や血管などの組織)が死んでしまい、根管を通じて感染が根の先の部分に及び、ここに病巣(根尖病巣)ができている場合や以前治療した歯の根の先にウミが溜まってしまった場合の治療です。
       
      @リーマーやファイルを使って歯髄を取り除きながら根管を拡大し、清掃を行います。以前、根管治療をした歯の場合はその時に入れた薬などもとりのぞきます。
     
      A根管の中に薬を入れた状態(根管貼薬)で仮封する。この処置は根管内が無菌状態になるまで、数回行います。

根管内が無菌状態になったら

  • 根管充填
  • 根管治療を行い、根管が無菌化して歯周組織の炎症が治まれば、根管の中をすき間なく専用のシーリング剤を用いて封鎖します。これを根管充填といいます。
     
    根管治療は、この根管充填までしっかりと完了させておかねばなりません。途中で中断したまま放置しておくと、根管内の細菌が増え、再度根尖病巣が大きくなってきます。

根管治療が終わったら

  • 支台築造(土台を立てる)
  • 支台歯の崩壊が大きく、所定の形態が得られない場合、金属などにより支台の欠損部を補うこと。 う蝕が大きくなり、ほとんど歯根だけになった歯を、噛めるような歯にするには、土台(支台築造)をつくり、 その上にクラウンをかぶせます。土台の材料にはメタルコア(金属製)や噛み心地の良いファイバーレジンコアなどがあります。
     

かぶせ物をかぶせる

  • クラウンの製作手順
  •   @支台の周りをきれいに削ります。
    この時まだ虫歯が残っていれば一緒に削り、型がとれるように形を整えます。
     
      A印象(歯型)を取って、それにあったクラウンをつくります。
    (このときは噛み合わせも調べるため、全体の印象を取ります。)
     
      Bクラウンをかぶせて微調整を行い、セメントで接着して治療を完了します。
      ◆ この治療は材質によっては保険がきかない場合もあります。   >>> 料金のページへ

スタッフ募集

ご意見

当院の治療の特徴

こんな症状はありませんか?

INFOMATION


Copyright (C) 医療法人社団晴咲会 わかば総合歯科 インプラント 虫歯治療 All Rights Reserved.